土地に関する問題は専門家によって解決する

太陽光発電の導入

太陽光発電導入後のシミュレーションの正確性

太陽光発電装置を設置する際にはまず最初に投資しただけの費用がしっかり回収できるかという点が特に注目されそこが導入をするかしないかの最大の分岐点になることも少なくありません。そのため多くのメーカーでは導入を進める際にシミュレーションを行い何年で元が取れるのかという説明に力が注がれているのです。もちろん導入を検討する側からするとこうしたシミュレーションがすべてになってしまいここで元が取れると判断できれば導入を決定してしまうのです。 しかし導入後の生活によってはシミュレーション通りにならないことも少なくありません。まず太陽光発電で発電した電気を売買するためには電力会社と夜間に電気代が割安になるプランで契約をし直さなければなりません。夜間に電気代が安くなるプランは昼間の電気代が割高になるのです。場合によっては日中に使用する電力が多い場合はプランによって損をしてしまうこともあります。しかし太陽光発電の際のシミュレーションではこういったプランによる電気料金の比較はなされていないのです。

発電パネルの設置時の注意点

太陽光発電のパネル自体の性能は新製品ほど向上しているといえます。ですから同じ大きさのパネルでも最近作られたもののほうがより多くの電気を発電しより多くの電力を売ることができるのです。 既存の住宅に太陽光発電パネルを導入する際には屋根や外壁に穴をあける必要があります。そうすると住宅の保証が受けられなくなる場合もあるのです。事前に建築した住宅に確認するか太陽光発電の契約を行った業者に確認する必要があります。 発電パネルは年々わずかではありますがパネルの表面にほこりや雨粒などがたまることにより発電効率が落ちてしまいます。ですからシミュレーション通りにならない場合も多いのです。しっかりとシミュレーションを行い売電価格の変動も考慮しながら計画する必要があるのです。