土地に関する問題は専門家によって解決する

費用を調べる

地盤調査費用を明確に

住宅のみならず、新築で建物を建築・建設する場合は、地盤沈下を防ぐ為に地盤調査を実施します。新築住宅で考えると、住宅を建築予定の敷地の数箇所で、その部分の地盤の「硬さ」を調べます。この硬さ調査の事を「地盤調査」と呼び、40〜50坪程度の広さの土地の地盤調査なら、3〜5万円程度の費用です。調査方法としては、土地に硬い棒を挿して地盤の硬さを調べる方法や、電波式で硬さを調べる方法があります。 どちらも地盤の硬さを調べる方法ですが、最も重要な事は、その後です。 地盤に強度があり、硬い地盤であれば問題ないのですが、地盤が弱い「軟弱地盤」の判定がでてしまうと、建物建築前に地盤を硬くする工事が必要になります。 地盤調査の結果を踏まえ、いくつかの方法のなかから、ベストな地盤改良工事を選ぶ事が、安心出来る建築の第一歩になります。

必要不可欠な地盤調査

地盤調査とは、その土地の地盤の強度を計る調査です。一般的に、土地の上に建物を建築する場合や、擁壁などの工作物を築造する場合に行われます。 地盤強度が低い土地の上に、重たいものを置くと、当然沈みます。これは、建物や工作物でも同じことがいえ、地盤強度が低いと沈むため、建物や工作物の傾きの原因となります。 地盤調査が義務化されるまえは、軟弱地盤の上にも建物が建てられ、建物や工作物が激しく沈んだり傾いたりすることが、全国的におこりました。 そんな現象を防止するため、建築基準法や都市計画法にて地盤調査が義務化され、大幅にこのような現象が減りました。 表面が乾いた土地は、一見、地盤強度が高いという錯覚に陥りますが、地中に軟弱地盤が存在する可能性があるので、どのような土地においてもの地盤調査は必須です。